Kekeの日記

エンジニア、読書なんでも

HTML、CSS設計方法!OOCSS、SMACSS、BEMについて

f:id:bobchan1915:20190227035311p:plain

「良いHTML、CSS」の基本ルール

CSSといえど、プログラミング言語であることは間違いなく、とりわけ「CSS」だからというものはありません。

どの言語においても「変更に耐えうるコード」が一つの鍵となってきます。 特にCSSは軟弱な言語であり、セレクタの書き方、およびHTMLのクラス属性の命名など要件を満たすには難しい部分はあると思います。

そのような部分を明文化して、備忘録として残せれば望外の喜びだと思い、本記事を執筆しようと思いました。

続きを読む

Fish shell packageを作成して、公開するまでのいろは!

f:id:bobchan1915:20190227034025p:plain

Fisherとは

FisherとはFish shellに関するパッケージマネージャーです。似たようなものでOh-my-fishがありますが、使い勝手はFisherの方が便利で簡単であるという印象です。

そんなわけで、よくfish shellを自分は書いて、コマンドなどを作成したりするのですが、今回は自分が作った関数(function)を公開するまでの手順を紹介します。

注意点ですが、どれもfish shellで書いているので、bashと移植性がないかもしれません。

続きを読む

Lighthouse Botを設定する方法 with TravisCI

f:id:bobchan1915:20190226200459p:plain

動機

私は以前、ポートフォリオサイトを作成しました。 Pocketに130ぐらいポケットしてもらった「Lighthouseを使ってVue.jsのサイトを爆速化する」というものでLighthouseを使ったフロントエンドのパフォーマンスチューニングを紹介しました。かなり反響があり、評判もよく、これを自分が得意なSREの分野、つまり自動化できないかなと思って、この記事を書こうと思いました。

続きを読む

Gulpでワークフローを効率化しよう!

f:id:bobchan1915:20190226065328p:plain

動機

メモを整理していたときに、もっと簡潔に明文化したいと思って本記事を書き起こしました。

自動化の道具箱の一つでもあるので、ぜひ気になる人はご覧ください。

かなり入門的な記事になるので、これから入門される方のサポートができれば嬉しいです。

続きを読む

Browserifyの上級指定教科書『Browserify Handbook』を読みすすめる

f:id:bobchan1915:20190221043054p:plain

動機

ハリーポッターの作品中には『幻の動物とその生息地』のようにホグワーツ指定の教科書があります。

Browerifyも同様に、Browserifyを学ぶにあたって必要な上級教科書『Browserify Handbook』があります。 上級といっても非常にシンプルにわかりやすく解説されているので、エンジニア1年生でも読み解くことはできるでしょう。

続きを読む

Google AssistantとDialogflowで使えるLINE家計簿Botを作ってみる!

f:id:bobchan1915:20190216234429p:plain

動機

アドラー心理学によれば、私たちは常に目的をもって行動しています。 そして、過去は一切関係ないと。これがアドラー心理学の目的論の主眼点であり、これが過去のフロイトとも大きく論点が異なるものです。

特に、私はお金の管理が面倒で、たまに後悔することがあります。1ヶ月で使いすぎてしまったり、、、 そして、なんでミスをしてしまったのかを考え込んでしまいます。

アドラー心理学の考えでは「私は後悔することを後悔するために後悔している」ということができます。 つまり、悲しみなどは私の目的を達成するための道具でしかないのです。

感情を使わず、私の心の問題解決をするには、根本的な解決策は後悔することをなくすことであり、それが私は音声インタフェース機能も家計簿に取り込むことが必要なのではないかなと思って今回の記事にしました。

LINE Botの副次的な用途についてはいくつか記事にしています。

続きを読む