Kekeの日記

エンジニア、読書なんでも

人生は短い

ã8åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

皆が知ってる通り、人生は短い。私が幼いとき、私はよくこのことについて考えていた。

 

本当に人生は短いのか、それとも永遠に生きれないことについて文句をつけているだけなのか。もし、10倍も人生が長かったら同じことを思うだろうか。

 

私はこの問いに答えが見つからないので、考えるのをやめた。そして、自分に子供ができた。そのことが私に答えを与えてくれた。実際に人生は短いのだ。

 

子供を持つことで、私は連続的な時間を離散的な時間に変換することを学んだ。2歳の子供と過ごせるのは52週間だ。クリスマスマジック(子供がサンタを信じている状態)が3〜10歳までしか続かないのなら、たった8回しか子供が味わうことを見れないのだ。時間のような連続量に対して何が多く、少ないかを言うことは難しいが、8回は「たくさん」というには少ない。仮に、どんなに人生が長い対しても、8個のピーナッツや、8冊しかない棚の中から読む本を選ばないといけない状況を考えると、かなり制限されているように感じる。

 

やっと人生が短いことが分かった。ただ、それを知ることが何か人生を変えるのか。

 

私の場合はあった。特に「Xをするには人生は短すぎた」ということが大きな影響を及ぼした。これは「何かをするには短い」というスピーチのフレーズを言いたいわけではない。迷惑の類義語でもない。もし、何かをするには人生が短いと感じるならば、それをできるならば排除するべきだ。

 

私は自分は何が人生にとって短いかを自問するとき、「デタラメ」という言葉が頭に思い浮かぶ。「デタラメ」とは何かにしては人生が短すぎることを定義のようなものである。他にも特有の意味がある。それには何か嘘がある。それは経験のジャンクフードであるのだ。

 

もし「デタラメ」である何かに使っているか自問すると、あなたはすでに答えを知っている。必要のないミーティング、的外れの議論、官僚主義、態度、他の人のミスを補っている、渋滞、中毒性のある達成感のない娯楽などである。

 

このようなことがあなたの人生に入ってくる方法は二通りある。あなたに強いるか、トリックをするかである。環境によってはある程度、自分で「デタラメ」を我慢しようとしなければならない。お金を稼がないといけないし、お金を稼せぐことは、面倒なことで構成されている。確かに、需要と供給の法則から、仕事の報酬が高けれは高いほど、より貧乏な人がやることを保証する。そのことは、あなたが思っているよりも「デタラメ」ではないかもしれない。いつも常識的にチャンスが少ないと思われるような分野だが、人生をもっと味わえる場所へ抜け出すひとは絶えずいる。このことはこれから一般的になるかもしれない。

 

動かなくても、小さなスケールでそれを実現できる。「デタラメ」に使う時間は、雇用主によって変わる。もっと大きな(または小さな)組織は、すでに深く浸かっている。もし他の地位や賃金を犠牲にして「デタラメ」を排除することに優先的になれば、よりあなたの時間を無駄にはしない雇用主に出会える。

 

あなたがフリーランサーなら、顧客それぞれのレベルで行うことができる。解雇したり、迷惑な顧客を排除すれば、収入が減る以上に、あなたの時間を守ることができる。

 

その一方で、ある程度の「デタラメ」は回避せざるおえない。トリックを浸かって忍びこむものは誰のせいでもなくて、あなたのせいなのだ。また、あなたに強いられているものよりも排除するのが難しい。あなたの時間を無駄にするものの魅惑は非常によくトリックを使ってくる。一つの例として、オンラインで議論をすることだ。誰かがあなたを批判すると、攻撃的な姿勢である。たまに公然と行われる。あなたの本能は守ることです。しかし、他の本能と同様に、これは私たちの住む世界にはデザインされていない。直感に反していると感じるほど、自分を守るべきではないのだ。さもない限り、他の人がまさにあなたの時間を無駄にする。

 

オンラインで議論することは、つまりは中毒性だ。しかし、もっと危険なことがある。以前にも書いたが、このこの過程の副産物は、より中毒になることだ。これは、私たちがこの中毒性を避ける必要があることを意識することが必要であることを意味する。客観的に見て、「これは私が使いたい時間なのか」と自問することだ。

 

「デタラメ」を避けるのとは同様に、私たちは意識的にそれぞれが大切なことを探し求めるべきだ。しかし、大切なものは人それぞれだし、彼らにとって何が大切か学ばないといけない。一部の幸運な人は、すぐに数学が好きだの、動物の世話をすることが好きだの、自分の時間を長く費やすことを見つける。しかし、多くの人は、大切なものとそうではないものが混じって、人生が始まるのだ。そして大切なこととそうでないことを区別することを徐々に学ばなければならない。

 

若い時は特に、ほとんどこのようなミックスなものは人為的な環境によって生成される。中学や高校では、世界の中で、他の人がどのようにあなたを見るかがもっとも大事である。しかし、大人になってからその歳で何を間違えたかを聞くと、だいたい全員が「他の人の目を気にしすぎた」という。

 

大切なことを見極める方法は、それが将来も気になるかを自問することだ。偽物は普通、大切に見えるピークがある。これがあなたへのトリックである。カーブの小さいところはエリアが狭いが、ピンのように意識にジャブを打ってくるのである。

 

大切なことは、他の人がいう「大切」と同じである必要はない。友達とコーヒーを飲むのは大切だ。それが時間の無駄だとはのちに感じることはない。

 

小さな子供を持ったことで素晴らしいことは、大切なものに時間を使うようになることだ(それは子供なのだが)。あなたが携帯をみているとき「一緒にあそぼ」といって、袖を掴んでくる。これは「デタラメ」を最小化するオプションなのだ。

 

もし人生が短いのであれば、その短さに不意打ちを受ける。これはありがちなことである。物事を当たり前だと捉え、それはどこかに行ってしまう。あなたはいつでも本を書いたり、山に登ったりできる。そして、その窓が閉じたの思うのだ。もっとも悲しい窓閉じは、他の人がなくなったときだ。彼らの人生も短いのだ。私の母が死んだ後、私はもっと時間を一緒に過ごしたかったと願った。私はいつでも一緒にいるものだと思って過ごした。そして典型的な方法で、幻想を強めてくる。しかし、これは幻想なのだ。多くの人が私の過ちと同じことをしているのではないか。

 

一般的に何かの不意打ちをくらうことを避ける方法は、それを意識することだ。昔の人生がもっと不確かな時代では、人々はある程度、死を意識したが、いまはもうない。私はなぜだかわからないが、死神が肩の後ろにいることを全員に伝えることは答えにはならない。もしかすると、別も方面から問題を見るのがいいかもしれない。あなたが最もいしたいことをことに対して焦る習慣を育てよう。山に登ったり、本を書いたり、母親に会うことをあ待つな。あなたはなぜ待ってはいけないのかを自問するべきだ。ただ、待つな。

 

人が片方を多く持っていて、もう片方を少なく持っているものは2つ思い当たる。それよりも多く得て、それを噛みしめよ。どちらもここでは意味がある。

 

どう生きるかは、人生の長さに影響をする。多くの人はもっとうまくできるはずだ。私も含めて。

 

時間を幾分、遅くすることは可能だ。私はいい方法がある。子供が助けてくれる。小さな子供を持つと、気付かざる瞬間が完璧なほどたくさん見つかる。

 

これは、あなたの経験から絞り出す助けにはならない。だから私は母のことを悲しむのは、彼女が亡くなったからではなくて、一緒にできたたくさんのことを考えるからだ。私の長男は7歳になる。3歳の彼が愛おしいが、私は少なくとも後悔はない。私たちは父として3歳の彼と最高の時間を過ごした。

 

「デタラメ」を容赦無く切り捨てよ。大切なことをすることを待つな、好きな時間を噛み締めよ。人生が短いときはこれをするべきだ。

 

 原文: 

Life is Short